『学校2013』チェ・ダニエル、新契約教師のカン・セチャンとして現代の学校の実態を浮き彫りに

KBS青春ドラマ『学校2013』で、俳優のチェ・ダニエルがまったく新しい概念の教師像を描く。

KBS 2TV 新月・火ドラマ『学校2013』(脚本:イ・ヒョンジュ、コ・ジョンウォン/演出:イ・ミンホン、イ・ウンボック/製作 (有)学校文化産業専門会社)で、チェ・ダニエルが人気絶頂の前職言語科目のスター講師だったと同時に、現在スンリ(勝利)高の期間契約教師のカン・セチャン役を演じ、定型化された考え方を破り、新しい視点で学校を描き出す予定である。

ドラマの中でチェ・ダニエルは、先生の品格が生徒たちの未来を左右するという信念と、生徒たちに対して予備校のような待遇があれば、学校は変わるという強いサービス精神を持つ新資本主義型の教師、カン・セチャンとして、既存のドラマでは見られなかった新たなキャラクターの誕生が期待されている。

『学校2013』チェ・ダニエル、イケイケの年収数億の講師から期間制教師まで! 興味津々な変身!

公開されたスチール写真では、チェ・ダニエルは、実際な講師のようにリアルな姿を見せながら、カン・セチャンのキャラクターと一つになっている。彼は、キャラクターに対する強い愛着を持って前職講師と同時にリアルな先生の役目を果たすため、様々な教育放送を視聴しながら教師の役割をリアルで描くために努力している。

チェ・ダニエル「カン・セチャンはとても魅力的! 定型化された考え方を破ったカン・セチャンを通じて眺めた学校は興味深い!」

チェ・ダニエルは「カン・セチャンはとても魅力的なキャラクターです。定形化された先生の感じではなく、新しい視点で学校を眺める人物だから、そのカン・セチャンを通じて本当の学校の姿を見ることも面白いと思います。一生懸命に撮影しているので、大きな応援をお願いします」と語った。

生徒の視点でも、既存の先生の視点でもない、年収数億の外部講師、カン・セチャンがスンリ(勝利)高の期間契約教師に入って来て学校を眺める視点は、面白い展開になる見込み。学校問題に対する新しいアプローチで現在の学校の実態を厳密に訴えられるのは、『学校2013』だけだろう。

講師役のチャン・ナラとチェ・ダニエルは教師の視点で眺めた学校を、生徒役のイ・ジョンソク、パク・セヨング、ギム・ウビン、リュウ・ヒョヨングは生徒たちが語りたかった本当の学校の物語を見せてくれるはずだ。KBS 青春ドラマ『学校2013』は、 12月3日(月) 夜10時に KBSの『ウララ夫婦』の後続番組として放送される。

(2012年11月16日・記事提供:ATマネジメント 写真提供:(有)学校文化産業専門会社)